廃品回収に出すのはこんなアイテム

日常生活の中で、案外捨てることが難しい捨て方で悩んでしまうランキングの上位に来るのはダンボールでしょう。

ダンボールは紙資源とはいえども、耐久性があり、燃えるゴミと一緒に捨てることはほとんどなく、何か特別な作業を加えてダンボール自体を溶かすなどして、最終的には、再利用をするわけですね。

そのため燃えるゴミに含まれる新聞紙や印刷ペーパーなどとは別に処理をする必要が出てくるのです。

各自治体によって、どのように廃棄すれば良いのかということは大きく分かれていますが、ダンボールなどは、特に、廃品回収業者などにお願いをして、まとめて持って行ってもらうのがベストだと言えるでしょう。

 

このように日常的に使うことの多い新聞紙やダンボールと言った、重さは軽いけれども、場所を大きく取ってしまう紙類の廃棄については、特によく考えた上で処分をする必要があると言えるでしょう。

燃えるゴミ部門の代表格は新聞紙やダンボールですが、燃えないゴミ部門の廃品回収の代表といえば瓶や缶ではないでしょうか。

このような中で、特に、びんなどの割れてしまうと危険なものについては、不燃物の袋に入れて出す際に、繊細な瓶などは割れてしまう可能性があります。

このような事態を未然に防ぐためには、廃品回収業者などに事前に連絡をして、ビンを回収に来てもらうことが最もお勧めできる選択肢だと言えるでしょう。

Start the discussion

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です