ロープの結び方「輸送結び」「もやい結び」

 廃品を荷台に固定する際も大いに使えるのが、実用的な「輸送結び」です。この結び方の特徴は、滑車の原理が活かされている点です。多くの荷物を纏めて固定するのに便利なので、業者の輸送には頻繁に用いられます。但し小さな力で大きな力を生み出すが故、想定以上に荷物に負担のかかる結び方でもあり、荷物に養生するなどの対策が求められます。引けば引くほど締まり、解くのも造作ないため、加減を覚えるまでは複数人で行うようにしましょう。
 輸送結びは先ず荷物の上にロープをかけ、片側をダブルエイトフィギュアノットで固定します。逆側でロープを二つ折りにし、先を残りのロープの上で交差させ、互いに絡めて2つの輪を作り、当該箇所を引っ張ります。伸び下りたロープを下部の輪に通し、その輪をフックに引っ掛けます。この状態でロープの先端を引けば荷物を締め上げることができます。引っ張ったロープをフックに掛け、そのまま荷物に掛かったロープの裏側に通します。最後に適度に引っ張って、それらのロープを互いに結び合わせます。
 次に紹介する結び方は「もやい結び」です。いわゆる自在結びを指し、人命救助にも用いられています。結びも解きも容易なため、輪に掛かる力の有様によっては簡単に解けてしまうというデメリットがあります。ただ頻繁に荷物の上げ下ろしをする業者にとっては楽な結び方で微調整も可能であり、好まれています。
 「もやい」の語源は「もやう(船を岸に結び付ける)」で、古くから使われてきたロープワークです。慣れれば片手で出来るほど容易なことから、気負わずに学ぶことができます。もやい結びは先ず荷台のフック等で交差させて輪を作ることから始めます。輪の下からロープを通し、さらに元側の下に通します。折り返して再び上から輪に通し、ロープの両サイドを結び付ければ完成します。

Start the discussion

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です