拡声器による騒音

 廃品回収業は「一般廃棄物収集運搬業」「産業廃棄物収集運搬業」といった許可を取り付けない限り営むことができません。ですからそれらの許可を取得した業者にも遵法精神はあるはずなのですが、残念ながら住民に迷惑をかける業者もいるのが現実です。高額の対価を要求する業者もいれば、騒音をまき散らす不届き者もいます。拡声器による売り込みは住民にとって回収業者が巡回していることを知る機会でもあるのですが、度が過ぎると地域の安穏が破壊されてしまいます。そもそも軽トラック等に拡声器を積んで、あれだけの音を出すことは合法なのでしょうか。
 実は自治体には拡声器を用いた廃品回収に関する苦情が多数寄せられているそうで、役人もどうしてよいのか分からず、手を拱いている事例もあります。先ず役人と住民が勉強しなければならないのは、都道府県ごとに定められている、騒音防止のための法令です。拡声器を使って商業宣伝活動をする場合、何デシベルまで出すことができるのかが、きちんと定められています。従って、住民が音量測定器で計測し、それを基に警察に取り締まりを申し出ればよいのです。しかし廃品回収車は刻々と動いており、計測から通報、取り締まりに至るまでの間に走り去ることがほとんどで、実態はザル法と化しており、今のところ有効な解決法が見つかっていません。
 通報しても有効でない理由は他にもあります。肝心の道路交通法においては違法でないという事実です。どんなにうるさくてもノロノロ走っているだけなら警察は手出しができません。とはいえ念のためにナンバーを控えたり、運転手の特徴を抑えたりすることは大切です。近い将来、同じ業者が明確な違法行為を働く可能性もあるからです。

Start the discussion

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です